実印が必要なとき  印鑑登録、自動車の購入、不動産売買、商品取引の契約書類に 象牙などの高級印鑑・はんこの通販、オンラインショップ

エコグラフィックスのページへ
匠の印鑑はんこトップ > 実印が必要な時とは? プライバシーポリシーサイトマップリンク
実印・印鑑登録が必要なとき


実印とは印鑑登録した印章です。
  あなたの居住する市区町村役場に印鑑登録をしてある印章のことです。
法人としての商品取引、銀行取引、官公庁等の書類作成はもとより、個人でも、自動車購入や住宅購入、
不動産売買などあらゆる場所で、正式にご本人と証明するときに使用されます。
実印は姓名を彫刻した方が安全です。書体は篆書体をおすすめします。
  車を購入するときに実印が必要です 不動産売買に実印が必要です いろいろな契約のときに実印が必要です
  ●車の購入時に ●不動産売買に ●契約書類に



認印とは?

  その名のとおり、銀行の預貯金などの取引に使用します。
通帳と印鑑は別々にした方が安全です


印鑑の役目

  印鑑登録をしていない印鑑で印鑑証明のいらない書類作成に使います。
例えば、町内会の回覧書等に読んだ〔しるし〕に捺印したり、領収書や荷物の受け取り時に捺印します。


印鑑は唯一無二であるべきです。

  印鑑は唯一無二が正しいのです。最近はパソコンを利用して機械で彫る印鑑がありますが、
自分の分身でもある印鑑は職人による手彫りの印鑑をおすすめします。
  役所関係の公文書はもとよりのこと個人間の契約書から領収証にいたるまで印鑑は必要です。
捺印する場合には、内容をよく確かめてから捺印してください。無造作に捺印したり、他人に貸したりすることは大変危険です。印鑑は公文書の権威を保証し、個人の財産生命を保護する力と役目を持っています。俗に三文判などを使用するときなどは特に注意しましょう。


法人のお客様のための手彫り印鑑をお勧めします。
個人のお客様の手彫り印鑑をお勧めします。
法人用のお得な2本セット
個人用のお得な3・2本セット
7種類の書体からお選びになれます。
豊富な印材の中からお選びになれます
印鑑選びのポイント
印鑑選びのポイント
実印・印鑑登録が必要なとき
実印・印鑑登録が必要なとき
インフォメーション:ご購入時のお支払い方法のご案内。[銀行振り込み]指定の銀行口座にお振込みください。ご注文日より7日以内にご入金ください。ご入金確認ください。ご入金確認後、製作にかかります。[郵便振替]ご注文ご、振替用紙を送付しますので、指定の郵便口座にお振込みください。振替用紙到着より7日以内にご入金ください。ご入金確認後、製作にかかります。



(有)尚和堂 神奈川県平塚市明石町10-5 TEL.0463-21-0869 FAX.0463-21-0985
Copyright(c) 2007-2015 匠の手彫り印鑑-尚和堂-実印,会社印,認印 Allright Reserve.